11月11日は何の日?チーズフェスタに行ってきた!

PENTAX K-50 + smc PENTAX-A 1:1.4 50mm

PENTAX K-50 + smc PENTAX-A 1:1.4 50mm

11月11日はなんの日でしょう?ポッキー&プリッツの日?それとも美しいまつ毛の日でしょうか?
いいえ、違いますよね。そうです!11月11日は皆が大好きチーズの日だったんです!

というわけで、11月11日に恵比寿のEBIS 303にて開催されたチーズフェスタ2015へ行ってきました。(ピンボケ多めです!)

PENTAX K-50 + smc PENTAX-A 1:1.4 50mm

恵比寿駅の発着アナウンスがYEBISU仕様で早速テンションが上がり、そのまま出口を間違え軽く迷子になってしまい、やっと見つけたEBIS 303では既に外にチラホラと人が!

入場無料で世界中のチーズを見ることができ、さらに試食までできるとなればそこそこ混んでいるに違いない…!と思いつつ中に入ります。

PENTAX K-50 + smc PENTAX-A 1:1.4 50mm

中へ入るためには受付で試食券とプログラムのパンフレットを受け取らなければならないようなので、待機列へと並びます。

例年混雑するのか、入場規制がされた上できちんと誘導がなされていました。待機時間は約30分強ほど。

PENTAX K-50 + smc PENTAX-A 1:1.4 50mm

受付ではパンフレットと4枚綴りになった試食用のチケットが貰えます。そのまま誘導され、満を持して会場内へ。

中は思ったより狭く予想を遥かに上回る人口密度に面食らいましたが、試食の列自体はスムーズで回転はすごく早かったです。むしろ食べる場所の方が困りました…。

PENTAX K-50 + smc PENTAX-A 1:1.4 50mm

上の写真が、アメリカ産の(ラズダズ)トラディショナルジャックと呼ばれるチーズ。試食券と引き換えに貰えます。

僕は焼きチーズは生チーズは少し苦手だったのですが、このトラディショナルジャックというチーズはほんのり甘く、それでいて執拗にチーズの主張が激しいわけではなかったのが印象的でした。

試食なのにもかかわらず、売り物の1かけらよりも大きいようなサイズでチーズが提供されてきます。これが入場無料のフェスタだとは思えないです…。

会場内では有料でドリンクやアルコールの販売も行っていて、あたりを見回すと外人さんたちはワイン片手に試食チーズを食べていました。うらやましい。

各ブース(今回は4つ)の試食コーナーの横には販売スペースが設けられていて、これがどのブースもものすごい人だかりで商品を見ることさえ難しかったです…「それは10年ものですか!?」「5年ものです!」「ください!」「ナントカカントカください!」「○○円になります!!」など怒号が飛び交います。

こちらがBブース(イギリスやオランダ、スイス・スペイン・デンマーク、ドイツやニュージーランドなど…)の販売スペースです、がほんの一部しか写っていません。なんでよりにもよってMFのA50/1.4で来てしまったのか…。

パッと見ても今まで見たことのないようなチーズが盛りだくさんで、お客さんの中にも詳しい人と詳しくない人が混在し、怒号が飛び交う状況はまさしく阿鼻叫喚…それでもお安く美味しいチーズがいっぱいなので、人気のあるチーズはすぐに売れてしまってました。

途中、入り口前にチーズ雑学のパネルがあったりチーズくん?がいたり峰竜太さんが来ていたりとかチー1グランプリとかがあったりとかいろいろあったのですが、なにより人が多すぎてそれどころではありませんでした。

それでも来年も是非行きたい!と思う楽しいイベントでしたし、家族用のチーズもなんとか買えてとてもハッピーでした!

By: , Published: , Category: 食べ物, Tags: ,
Copyright © A, love -- NVXI.JP All rights reserved.
Certain images, logos and products are trademarks of and/or
copyrighted by their respective owners.