貰ってうれしい、あげて嬉しい。プレゼントたち。

PENTAX K-50 + LZOS Jupiter-9 2/85 (1979)

PENTAX K-50 + LZOS Jupiter-9 2/85 (1979)

毎年いろんな人とプレゼントを交換します。それは誕生日祝いだったり、転職祝いだったり、理由はさまざま。

喜ばれるときもあるし、そうじゃないときもあります。それでも大抵の人は最後には、「その心遣いが嬉しい」と言って笑ってくれます。
理由がどうであっても、嬉しいと言われるとこちらまで嬉しくなってしまいます。

プレゼントには、皆が幸せになれるなにかがありますよね。

1枚目の「いなかのえき」も、友人が誕生日にプレゼントしてくれたものです。対象年齢は3才以上でメーカーはタカラトミー。
その友人も僕も田舎出身なので、その完成度に箱を開けた瞬間に二人で笑ってしまいました。

撮影はロシアレンズのJupiter-9 2/85で。さすがゾナーのコピーだけあってその描写には安定感があります。
以前にも書きましたがこのレンズは絞り羽根が15枚もあるので、ボケは前と後ろどちらも綺麗です。
淡い色調と相まって、どこか寂しげな画になることが多いレンズ。お気に入りです。

Minecraftの匠のプラモデルと芳香剤

PENTAX K-50 + smc PENTAX-A 1:1.4 50mm

Minecraftの「匠」ことクリーパーとTNTのプラモデルは同じ友人から。このセンスがいかにも友人らしく笑ってしまいます。

左はkarakoのルーム・フレグランス。以前研修所で一緒になった友人がプレゼントしてくれました。
ただの同期で終わらずにその後も付き合ってくれるのは本当にありがたい限りです。

撮影はPENTAX純正のAレンズ、smc PENTAX-A 1:1.4 50mmで。
自動絞りということでついつい使ってしまいますが、やはり室内で換算75ミリは長すぎますね。
F1.4と明るいわりにある程度絞らないと描写が安定しないので、ボケがやや気になることが多いです。
今回は気にしすぎて少し絞りを開けすぎました…。

 

By: , Published: , Category: カメラ, Tags: , ,
Copyright © A, love -- NVXI.JP All rights reserved.
Certain images, logos and products are trademarks of and/or
copyrighted by their respective owners.