GLENFORD,本革ハンドソーンの魅力。

PENTAX K-50 + smc PENTAX-A 1:1.4 50mm

PENTAX K-50 + smc PENTAX-A 1:1.4 50mm

僕は革も靴も好きなので、普段から革靴を履いています。といってもワードローブをお見せできるほどのコレクションも知識もないのがお恥ずかしいかぎりですが…。

その私でさえ、「ハンドソーンウェルテッド製法」と聞けば、それだけで”高級な靴”だ!というのはすぐに想像できます。
機械で作られるグッドイヤーウェルト製法でさえ20,000円~の世界ですから、手縫いともなればその値段は…。

と、考えるのが当然ですよね。私も普通の革靴メーカー(いわゆる、百貨店に置いてあるような一般的な製靴ブランド)ならそう判断するだろうと思いますし、実際にハンドソーンウェルテッド製法で作られた靴は通常のグッドイヤーウェルト製法の靴の約3倍近い価格で販売されています。

さて、アイキャッチにも使用した革靴。これは紛れも無いハンドソーンウェルテッド製法で作られた革靴です。
アッパーに使われているのは牛のスウェード、ライニングも牛革、本革ダブルソールでかかととつま先がラバーになっています。ただしヒールは少し低め。

購入する前はそのてんこ盛りの仕様に対してあまりに安い値段に躊躇したものですが、誘惑に負けて購入に踏み切ってしまいました。ブランド名は「GLENFORD」。某ブランドが混ざったような名前です。

まだ数回しか履いていないのでなんとも言いがたいのですが、たしかに書いてあることは全て本当でした。
ライニングも全て本革だし、ソールも革とラバーです。裁断したわけではないので真偽のほどはわかりませんが、返りのよさから言って、グッドイヤー製法で作られた靴ではないことは確かだと思います。

ただ…。スウェードには接着剤の付着が複数認められましたし、傷、テカりもありました。これはこの値段であれば仕方のないことなのでしょう(なぜか、ヤフオク等では”傷アリ・汚れアリ”という値下げされた別商品が存在するようですが。)。

でもそんなことは大した問題ではなくて、問題は裁縫の方でした。本来なら溝切り(レザークラフトならステッチンググルーバーとか使うアレですね。)がされているはずのソールに充分な溝が存在しないので、数回履いた時点で既につま先に近い部分の縫い糸が切れかかってしまいました。
これではつま先にラバーが貼られている意味があまりないような気がします。

もっと細かいところをいえば、ソールの革とラバーとの間に段差があり、歩く度にゴツゴツなにかを踏んでいる感覚があり少し困っています。オールレザーであれば、後からハーフラバーを貼るなどして上の縫い目の問題も解決できたんですが…。

とはいえ、ラバー底グッドイヤーウェルト製法の半額以下で、本革をこれだけ使った靴が手に入るのですから文句は言えません。オールソール交換も5,000円程度で受け付けてくださるようなので、底の状態なども気にせずガンガン履き潰せると考えれば、下手な高級靴よりも使い出があります。

肝心の履き心地は良いと思います。甲高幅広に作られているので日本人に合っているようにも思います。本革のダブルソールなので、これがグッドイヤーウェルト製法で作られていれば固くて難儀していたことでしょう。しかしハンドソーンウェルテッド製法で作られているので、リブがないため返りが良く履き心地は悪くありません。

幅は正確にはわからないので言及しませんが、D~シングルEを履いている自分からするとかなりゆるく感じます。ハーフサイズ小さくするか中敷でも敷こうかなと。

ラストもそんなにかっこ悪く感じませんし(捨て寸が若干短めなので全長は1~1.5cm短めです。)、固有の問題といえば汚れと縫い目くらいなものです。
汚れも使っていくうちにつくようなものでもあるので、許容できれば全く問題ないはず。

GLENFORD グレンフォード S703W

By: , Published: , Category: 日常, Tags: ,
Copyright © A, love -- NVXI.JP All rights reserved.
Certain images, logos and products are trademarks of and/or
copyrighted by their respective owners.