尾瀬に行ってきました。

PENTAX KP + HD PENTAX-DA 16-85mmF3.5-5.6ED DC WR

今年(2018年)の6月に尾瀬に行ってきました。尾瀬は福島県と新潟県、群馬県の3県にまたがって存在する国立公園で、標高は約1,400m。周りを2,000m級の山々に囲まれたこの湿原は、その標高から受ける印象よりもずっと涼しく、静かで、そして表情に富んだ豊かな土地でした。
(上の写真は夕方に尾瀬湿原にて撮ったものです。本格的な写真撮影はひたち海浜公園のネモフィラを除いて約2年ぶりでしたが、なんとかまともな写真を1枚でも撮ることができ安心しました…。)

残念なことに、今年は稀に見る天候不順と季節外れの暑さにより水芭蕉の開花時期が大幅に前倒しになってしまっていたようで、見る人を圧倒すると有名なあの水芭蕉の群生を拝むことはできませんでした。それでも写真のようにちらほらと水芭蕉が咲いており、尾瀬らしさを味わうことができました。
(ちなみに、水芭蕉の花びらのような白い部分は「苞(ホウ)」といい、葉っぱが変形したもので花びらではないそうです。実際の花は中央の棒のような部分に密集しているとのこと。)

尾瀬に来て驚いたことの一つが、売店がかなり豊富で充実しているということ。写真のようにドーナツなどの焼き菓子が売っていることはもとより、ビールやアイスクリーム等、各々の売店でかなりのバリエーションで取り揃えられていることがとても印象的でした(もちろんお土産物もたくさんあります)。この豊富さなら、少なくとも食で困ることはないはずです。

やはり特筆すべきなのは、尾瀬は湿原というだけあって水が豊富でとても土地が富んでいるということだと思います。写真ではよく写せませんでしたが、魚のほかに鹿やヘビなど様々な野生生物がたくさんおり、また時期によってはオコジョも見られるとのことで、土地の肥沃さを存分に感じました。
(綺麗な水場もあり水には困らず、さらにトイレもすべて水洗で全く悪臭がしませんでした!)

今回は1泊2日の旅程だったので、持参したテントを見晴キャンプ場のテント場に設営し休息をとりました。行きは尾瀬夜行2355を使いかなりの早いスタートだったので、写真を撮るなど寄り道をしながらでも昼前(11時)には到着できました。昼ごはんと夜ごはんはそれぞれ持参した食料で調理。昼は親子丼のレトルトに夜はカルボナーラスパゲティを作りました。

実は今回は若干の試験的な意味を含んでいて、というのも普段テント泊をしたことがなく、また外での調理も未経験なため、比較的安全で標高もそれなりにある尾瀬でテストをしようということになったのでした。
使用した調理器具はPRIMUSのイータスパイダー。専用設計の風防と鍋を使うことにより、500mlの水を約90秒で沸騰させることのできるスゴイやつです。ガスカートリッジの接続方法が分離式なため、長時間の調理でもガス缶の加熱を気にせず調理することができるなど、完全に調理用にガン振りされた登山ギアになっています。
実際使用したところお湯が沸くのも早く、それでいてガスも全然減らないためかなり重宝しました。多少重くかさばるのが難点といえば難点ですが、購入時点で「バーナー本体」「風防」「鍋」「取り皿」「蓋」がセットになっていると考えると、そんなに無駄に大きいというわけではありませんね。
(実際今でも買い換える気は起きていません…トータルで考えると、小さいバーナーに食器を加えた大きさとそんなに変わらないので。)

By: , Published: , Category: カメラ, キャンプ, Tags: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright © A, love -- NVXI.JP All rights reserved.
Certain images, logos and products are trademarks of and/or
copyrighted by their respective owners.