厄年

PENTAX KP + HD PENTAX-DA 16-85mmF3.5-5.6ED DC WR

年始に筑波山に登った際、不注意でスマートフォンを落下させ、上画像のように破壊してしまいました。その翌週には道端でコケて大腿骨・靭帯・腰椎を損傷するというアクシデントもあり、この頃悪いことが続いています。

昨年末でようやく(会社にとっては)大きなプロジェクトが終結したこともあり、一段落し気が緩んでいたのかもしれません。

外出禁止なので家で暇を潰しているんですが、でかけられないと不便だし暇ですね。

By: , Published: , Category: 日常, Tags: ,

オムライス

PENTAX KP + smc PENTAX-A 1:1.4 50mm

まんまる。

上野・御徒町エリアにある「キッチンさくらい」に行ってきました。「キッチン~」という名前からは想像がつかないくらいおしゃれなイタリアンレストランでびっくりしましたが、価格は名前に似合う値段帯で安心です。便利な立地で、手頃な値段で美味しい料理が食べられるのでおすすめです。

By: , Published: , Category: 日常, 食べ物, Tags: ,

ほうとうを食べました。

PENTAX KP + HD PENTAX-DA 16-85mmF3.5-5.6ED DC WR

甲府へ行く機会があったので、人生で初めてほうとうを食べました。

味噌ベースの優しい味で、かぼちゃや白菜、わらびやふき等々のたくさんの野菜が入っていてとても美味しかったです。

食べたのは甲府駅北口の「小作」。ガイドセンターで一番美味しいほうとうは?と聞いて返ってきたのがこのお店だったので。実際とても美味しかったです。

By: , Published: , Category: 日常, Tags: ,

国営ひたち海浜公園でネモフィラを見てきた

PENTAX KP + HD PENTAX-DA 16-85mmF3.5-5.6ED DC WR

茨城県にある国営ひたち海浜公園にネモフィラを見に行ってきました。

何年も前から見たいみたいと思いつつ、機会に恵まれずなかなか行けていなかった場所のひとつです。今年は見頃は例年よりも2周間ほど早いそうで、予定のない土日に友人の運転する車で出掛けてきました。

数日前まで雨予報だった天気も、当日出掛けてみるとなんとか曇り空で留まってくれなかなかツイてました。ただ、同じことを考える人はたくさんいるもので、当日は上の写真の通り、ネモフィラ見物で人が溢れんばかり。

PENTAX KP + Tokina AT-X MACRO 90mm 1:2.5

写真で見てわかる通り、どう撮っても人が写り込んでしまうので、自分のようなアマチュアカメラマンにとっては、画作りが非常に難しく厳しい状態に…。それでも、目で見て素晴らしいと思える壮大なネモフィラだったので(想像していたよりも何倍も規模が大きく綺麗だった)、普通に感動してしまいました。

PENTAX KP + HD PENTAX-DA 16-85mmF3.5-5.6ED DC WR

写真ではうまく表現することの難しい色で、とくにSNSとかだとどうしても彩度が高めな写真が多いので、是非肉眼で見たいなーと思う場所でした。淡いようでいて、よく見ると1つ1つの色が微妙に異なる、鮮やかな綺麗な色なんですよね。

PENTAX KP + smc PENTAX-A 1:1.4 50mm

その後はそのまま車で大洗に向かい、いろいろな観光名所を回ってきました(写真はガルパン劇場版でお馴染みの大洗磯前神社)。

上の鳥居は大洗磯前神社の近くにあるのですが、夕方になると夕陽が差して絶好のフォトジェニック・スポットになるらしいです(近くの看板に書いてあった)。当日は意外と気温が上がらなかったため、早々に切り上げてしまいましたが、次回は是非三脚を持参して撮影に臨んでみたいです。

PENTAX KP + HD PENTAX-DA 16-85mmF3.5-5.6ED DC WR

その後は市内のまいわい市場に行ったりとか、めんたいパークに行ったりした後に、水戸市にあるガルパン公式とんかつ店「クック・ファン」で戦車を模したガルパンかつを食べて帰路につきました。

実は以前も大洗には行ったことがあって、そのときは電車で行ったせいか(そして突然のゲリラ豪雨に見舞われたせいか)、そんなに魅力を感じることはなかったんですけど、今回車で行ってみたら前回の軽く10倍以上は楽しめた気がします。おすすめです。

   Previous Entries →
Copyright © A, love -- NVXI.JP All rights reserved.
Certain images, logos and products are trademarks of and/or
copyrighted by their respective owners.