昭和記念公園にコスモスを見に行きました。

PENTAX K-50 + Tokina AT-X MACRO 90mm 1:2.5

PENTAX K-50 + Tokina AT-X MACRO 90mm 1:2.5

見頃かと思ったので、立川市にある国営昭和記念公園へ行ってきました。

この日持っていったレンズはA50/1.4とAT-X90/2.5。

真夏日を記録するほどの晴天だったため、汗をかきながらの訪問でした。
それ以上につらかったのは、公園の広さです。隣に自衛隊基地があるのですが、
地図上ではそれを軽く凌駕しそうなくらいの広さ。
入り口からコスモス園までは徒歩20~30分程度でしょうか。ヘトヘトでした…。

今年は不作だ、という話を聞いたのはコスモス園についてからですが、
たしかに不作だったかもしれません。

久々にした軽い運動と晴れ模様は気持ちいいものでしたし、フレアがかったAT-X90の描写に気がつけたのも新たな収穫でした。
帰りはコトブキヤショップ立川本店に立ち寄りプラモデルを購入したり。

By: , Published: , Category: カメラ, 日常, Tags: ,

神匠(kamioka製靴)のUNITED ARROWS別注ストレートチップの話。

PENTAX K-50 + smc PENTAX-A 1:1.4 50mm

PENTAX K-50 + smc PENTAX-A 1:1.4 50mm

所用で黒のストレートチップが必要になったので、神匠(kamioka製靴)が製作しているアローズのGreen Label Relaxingから出ているものを購入しました。

僕は普段、リーガルのインペリアル・グレードや2051(サドルオックスフォード)等を履いていますが、
謳い文句にしているだけあって、かなりタイトな履き心地です。公式でのWidth表記は「D」。

特にかかと部分のホールド感や踏まず部分のフィット感は素晴らしく、履いていて快適さを感じます。

アローズ別注品だからなのかはわかりませんが、捨て寸はかなり長めのロングノーズ。

よく言われる「別注品は革質が…」という話ですが、そんなに悪い革だとは思いませんでした。
そんなことよりも、革底なのにアウトソールの厚みが5~6mmある方がよほど話題に挙がるべきじゃないかなと思います。
積み上げもきちんと革の積み上げで、これも1枚あたり6mm近くあり、きちんとした仕事の丁寧さを感じます。

それ以上に僕が評価したいのは出し縫いについてで、ピッチは4mm、ソール側から見た感じではきちんとチャン(松脂)が染み込んだ10本撚りの糸のよう。

「革の質が」とか「ピッチが荒い」とか言われているようですが、いきすぎたドレッシーさよりも、質の高さを重視した作りの手堅い靴だと僕は思います。

By: , Published: , Category: 日常, Tags: ,
   Previous Entries →
Copyright © A, love -- NVXI.JP All rights reserved.
Certain images, logos and products are trademarks of and/or
copyrighted by their respective owners.