新たなワニ

PENTAX K-50 + SIGMA 17-70mm 1:2.8-4.5 DC MACRO

PENTAX K-50 + SIGMA 17-70mm 1:2.8-4.5 DC MACRO

新たなワニが届きました。輸入先は中国で、製造もおそらく中国のはずです。

前回のワニでさえまともに靴を作っていないうちに新たなワニを購入するのは少し抵抗がありましたが、
個人輸入だと約600円前後なので、比較のためにも購入してみました。

手に持ったときの印象は、前回のワニと比較すると随分と華奢だな、という感じでしょうか。
材質はおそらく鉄製。製造方法は鋳造で、持ち手部分が黒く塗装されています。

上の写真のように、横にして並べてみると一見、今回購入したワニ(黒い持ち手の方)の方が頭も大きく、
持ち手の太さもあるように感じられるのですが、実際に持ってみるとまた違った印象を受けます。

もっといえば、頭が大きいのは重心が前に傾きがちになる可能性が高いため、
てこの原理で革を引っ張るワニにとっては、あまり好ましいこととは言えないと思います。

よく「(国産のワニと比較して)釣り込みづらい」とか、「違和感がある」というのは、
この重心の位置が前側にあることからきているのかなと思いました。

ただ、このワニは前回購入したワニと比べて持ち手の幅が広いので、持ちやすさ自体はこちらの方が上でした。

もっとも、鋼材・材質自体が結構やわらかめなので、革を挟んで引っ張るだけで歪んでしまうため、
若干の不安要素は残るところではあります(壊れたりなにか不都合がでるほどではありませんが)。

前回のワニよりも刃先部分は長く、箇所によっては釣り込みやすいと思います。

前回のワニが刃先に向かうほど縦の厚みが増すのに対して、今回のワニは逆に薄くなっていきます。

アゴ(ハンマー・土台の部分)も前回のワニの方が大きめでしょうか。

最も注目すべきはアゴから刃先へのラインの厚さで、今回のワニのラインは薄めです。
力を効果的に伝えるという点では前回のワニに軍配があがりそうですが、
逆にいえばより細かい場所を吊り込む(つま先やかかとなど)場合には、こちらの方が向いているかもしれません。

刃先のアップ。左が前回のワニ、右が今回のワニです。

前回のワニは全体的に太めで、鋼材も硬くギザ(刃先の凹凸・噛み合わせ)もしっかりと存在しています。
しかしながらバリが結構残っているため、きちんとヤスリをかけないと革に傷をつけるおそれが。

反対に今回のワニは全体的に細めで、鋼材は柔らかくギザはあまりありません。
製造された際の鋳造の跡が残っていますが刃先にバリはないので、
刃先部分に対してグラインダー等で荒く研磨をかけているのかもしれません。
結果、バリは残らない代わりに、ギザも潰れてしまう…のかもしれませんね。

本筋とは関係ありませんが、今回のワニは箱付きでした。

「鳥嘴鉗」というのは「コツリ」と書いてあることもありますね。おそらく台湾の言葉でしょうか。ブランド名は「MIN-KHAI」。
日本ではこの靴工具を爬虫類の口に例えて「ワニ」と呼びますが、台湾や中国では鳥のクチバシに例えると聞いたことがあります。
イギリスやアメリカではLasting PincersやLasting Pliersと呼ばれるそうです。

By: , Published: , Category: 革靴づくり, Tags: ,

ビニ板(ビニプライ)を買いました。

PENTAX K-50 + SIGMA 17-70mm 1:2.8-4.5 DC MACRO

PENTAX K-50 + SIGMA 17-70mm 1:2.8-4.5 DC MACRO

ビニ板を買いました。正式名称(商品名)はたしか「ビニイター」だった気が。

レザークラフト界では、主に「ビニプライ」という名前で販売されているようです。
6mm厚のビニール板で、柔らかいので革包丁などの刃先を痛めることがなく(刃が長持ちする)、
また跡が凸凹になりにくいので、残った跡に引きつられて線が曲がってしまうことがない、というのも大きな特徴のようです。

サイズは550*380(1/4)で、値段は2,400円でした。お店によってはこれの3倍くらいの価格なところもありますね。
たぶん品質に違いはないと思うので、吟味して購入することをオススメします。
個人的には、製靴部品を取り扱っているお店の方が価格が低い印象があります。

革砥(かわと)を作った

PENTAX K-50 + SIGMA 17-70mm 1:2.8-4.5 DC MACRO

PENTAX K-50 + SIGMA 17-70mm 1:2.8-4.5 DC MACRO

レザークラフトでは刃物の切れ味がとても重要です。

材料の裁断では0.1mmのズレが完成の度合いを左右します。
それだけでなく、革漉きを行う場合にはきちんと研がれていないと刃さえ入っていかないからです。

刃物の研ぎにはちゃんと順番があって、木工などのヤスリと同じように粗い順にかけていくのが正しいとされています。
その番手はもちろん人によって異なるのですが、

荒研ぎ(#200~400等) → 中研ぎ(#1000~2000等) → 仕上げ研ぎ(#3000~8000)

などが代表的な順番のようです。

砥石で研ぐのが最も良いとは思うのですが、革を裁断していると恐ろしい勢いで刃がナマっていきます。
その都度砥石で研ぎ直すのはあまりにも非効率で、ちょっとできないですね。

先人たちの知恵はすごくて、そういう都度研ぎできるような道具がきちんとあります。

革砥(かわと)と呼ばれる道具です。

これは木の板に革の床面を貼り付け、その上に青研などの研磨剤を塗ることによって、
切れ味が落ちたときに研ぎ直す簡易的な研磨機として使えるという道具です。

使う材料は木材に床革、それを固定するための接着剤(テープ)に研磨剤です。

PENTAX K-50 + SIGMA 17-70mm 1:2.8-4.5 DC MACRO

PENTAX K-50 + SIGMA 17-70mm 1:2.8-4.5 DC MACRO

両面テープで床革を貼り付け。

木材はタガヤサンを使用しました。

刃物を前後させるので、ある程度の重さがある方が向いていること・また研ぎに使うため、反りが禁物であるということを念頭に起き、比重が大きく(タガヤサン:0.80~1.00)反りも起きづらいタガヤサンに決定しました。

床革はいつも使用している、牛ヌメタンローの床革を使用。厚さは約1.0~1.3mm前後。
肩付近(ショルダー)部分を使用しているので、繊維もほどほどに密のはずです。

PENTAX K-50 + SIGMA 17-70mm 1:2.8-4.5 DC MACRO

PENTAX K-50 + SIGMA 17-70mm 1:2.8-4.5 DC MACRO

そして研磨剤のピカールを塗って完成。

いろいろ調べてみたのですが、インターネットによればピカールの番手は換算すると#4000~8000程度はあるみたい。
青砥が約#2000~4000なので、ピカールの方が細かい?んでしょうか。

By: , Published: , Category: レザークラフト, Tags: ,

東京ステーションホテル100周年!記念ライトアップを見てきた

東京駅外俯瞰(KITTEより)

PENTAX K-50 + SIGMA 17-70mm 1:2.8-4.5 DC MACRO

東京駅の丸の内駅舎内で営業している東京ステーションホテルがこの度オープン100周年を迎えたということで、11月2日に丸の内駅舎の南北側にて記念ライトアップが行われましたので見てきました。

写真中央右よりらへんの手前の丸い屋根部分と左奥に見える屋根部分が赤くライトアップされていて、ほおーたしかにいつもの東京駅とはちょっと違うな…という感じ。
この色はいわゆる「祝賀」色で、毎年正月の三が日にも同様のライトアップが行われているようです。
是非とも三が日ライトアップも見てみたいですね。

KITTEの展望台 (6F)

PENTAX K-50 + SIGMA 17-70mm 1:2.8-4.5 DC MACRO

撮影はKITTEの6Fにある展望台より。今回初めて展望台に来たのですがとてもよいところですね。
カップルさんも結構いらしたので、デートにもオススメかもしれません。

全く関係ありませんが、今回から画像の圧縮率を70~80程度で調整しました。以前よりはデータ量も少なく、軽くなったかなと思います。

By: , Published: , Category: カメラ, Tags: ,
   Previous Entries →
Copyright © A, love -- NVXI.JP All rights reserved.
Certain images, logos and products are trademarks of and/or
copyrighted by their respective owners.