革靴を作ろうとしています

ペース(木釘)が折れた写真

PENTAX K-50 + smc PENTAX-A 1:1.4 50mm

しばらくブログ更新を怠っていました。

だいたい6月くらいから、新しいことに挑戦したくなりレザークラフトに手を出しました。
それから少し経って靴作りにも興味が湧いてきて…。

当座、靴作りに必要な道具たちを揃え始めました。

画像に写っているのは木型と呼ばれるもので、この木型を基にして靴を作ります。
革を底面に釘で打ち付け、裁断して縫製した革(アッパー)を上から被せ靴の形にしていきます。

 

革靴づくりは、とても大変で刺激的です。

その工程は全部で200にも及ぶといわれていて、そのそれぞれの工程に専用の工具が必要なため、
工具を揃えるのだけでもひどく大変です(精神的にも、経済的にも…)。

新しい趣味をはじめるのは勇気がいるというか、きっかけが必要なものですが、
僕の場合は単純な興味からでした。

その靴を作るという原動力はまた別にあって、知人のためのブーツを仕立てるために奮闘中です。
それを抜きにしても深く、面白く、好きな趣味のひとつですが。

By: , Published: , Category: 革靴づくり, Tags: , ,

GLENFORD,本革ハンドソーンの魅力。

PENTAX K-50 + smc PENTAX-A 1:1.4 50mm

PENTAX K-50 + smc PENTAX-A 1:1.4 50mm

僕は革も靴も好きなので、普段から革靴を履いています。といってもワードローブをお見せできるほどのコレクションも知識もないのがお恥ずかしいかぎりですが…。

その私でさえ、「ハンドソーンウェルテッド製法」と聞けば、それだけで”高級な靴”だ!というのはすぐに想像できます。
機械で作られるグッドイヤーウェルト製法でさえ20,000円~の世界ですから、手縫いともなればその値段は…。

と、考えるのが当然ですよね。私も普通の革靴メーカー(いわゆる、百貨店に置いてあるような一般的な製靴ブランド)ならそう判断するだろうと思いますし、実際にハンドソーンウェルテッド製法で作られた靴は通常のグッドイヤーウェルト製法の靴の約3倍近い価格で販売されています。

さて、アイキャッチにも使用した革靴。これは紛れも無いハンドソーンウェルテッド製法で作られた革靴です。
アッパーに使われているのは牛のスウェード、ライニングも牛革、本革ダブルソールでかかととつま先がラバーになっています。ただしヒールは少し低め。

購入する前はそのてんこ盛りの仕様に対してあまりに安い値段に躊躇したものですが、誘惑に負けて購入に踏み切ってしまいました。ブランド名は「GLENFORD」。某ブランドが混ざったような名前です。

まだ数回しか履いていないのでなんとも言いがたいのですが、たしかに書いてあることは全て本当でした。
ライニングも全て本革だし、ソールも革とラバーです。裁断したわけではないので真偽のほどはわかりませんが、返りのよさから言って、グッドイヤー製法で作られた靴ではないことは確かだと思います。

ただ…。スウェードには接着剤の付着が複数認められましたし、傷、テカりもありました。これはこの値段であれば仕方のないことなのでしょう(なぜか、ヤフオク等では”傷アリ・汚れアリ”という値下げされた別商品が存在するようですが。)。

でもそんなことは大した問題ではなくて、問題は裁縫の方でした。本来なら溝切り(レザークラフトならステッチンググルーバーとか使うアレですね。)がされているはずのソールに充分な溝が存在しないので、数回履いた時点で既につま先に近い部分の縫い糸が切れかかってしまいました。
これではつま先にラバーが貼られている意味があまりないような気がします。

もっと細かいところをいえば、ソールの革とラバーとの間に段差があり、歩く度にゴツゴツなにかを踏んでいる感覚があり少し困っています。オールレザーであれば、後からハーフラバーを貼るなどして上の縫い目の問題も解決できたんですが…。

とはいえ、ラバー底グッドイヤーウェルト製法の半額以下で、本革をこれだけ使った靴が手に入るのですから文句は言えません。オールソール交換も5,000円程度で受け付けてくださるようなので、底の状態なども気にせずガンガン履き潰せると考えれば、下手な高級靴よりも使い出があります。

肝心の履き心地は良いと思います。甲高幅広に作られているので日本人に合っているようにも思います。本革のダブルソールなので、これがグッドイヤーウェルト製法で作られていれば固くて難儀していたことでしょう。しかしハンドソーンウェルテッド製法で作られているので、リブがないため返りが良く履き心地は悪くありません。

幅は正確にはわからないので言及しませんが、D~シングルEを履いている自分からするとかなりゆるく感じます。ハーフサイズ小さくするか中敷でも敷こうかなと。

ラストもそんなにかっこ悪く感じませんし(捨て寸が若干短めなので全長は1~1.5cm短めです。)、固有の問題といえば汚れと縫い目くらいなものです。
汚れも使っていくうちにつくようなものでもあるので、許容できれば全く問題ないはず。

GLENFORD グレンフォード S703W

By: , Published: , Category: 日常, Tags: ,

美味しく軽やかな濃厚とんこつ。水道橋「ひらさわ」。

PENTAX K-50 + smc PENTAX-A 1:1.4 50mm

PENTAX K-50 + smc PENTAX-A 1:1.4 50mm

水道橋から徒歩5分程度、東口からガード下を通り抜けて真っ直ぐ進むとこのお店はあります。

看板や店構えからいわゆる”家系”なのかなと敬遠していたのですが、あっさりで美味しいという評判を聞き食べてみたくなったので行ってみました。
店内は外から想像するよりも広いですが、カウンター席のみで奥の人がでるときにはイスを引く必要があるくらいの広さです。

とんこつラーメンは白米と替え玉がついて650円。学生とサラリーマンの街とだけあってリーズナブルなお値段です。
ですが注目すべきはその味で、とんこつラーメンの濃厚な味がありつつ、必要以上にドロドロしていないので軽快に細麺をスルスルと頂くことができます。
普段自分は小食ぎみで、外食するときは半分~少なめで注文していますが、それでも替え玉を完食することができました。

味にパンチがあるとか、刺激があるわけではありません。だけどたしかに美味しいと感じる味がしっかりとあって、それは連日このお店が大盛況なことからも裏打ちされています。
「とりあえずラーメン」というときには真っ先に頭に浮かぶお店です。

By: , Published: , Category: 食べ物, Tags: ,

神奈川県箱根、ポーラ美術館へ行ってきました。

PENTAX K-50 + smc PENTAX-A 1:1.4 50mm

前々から行きたいと思っていた美術館ではあったのですが、片道2,000円かけて往復6時間…というのがあり渋っていました。が、購入していたチケットの期限が近いこともあり行ってきました。

例によって、行ってみるとやはり素晴らしい場所でした。

受付の方の応対も素晴らしく丁寧な上に、清潔感と近代さに溢れる佇まいは、とても満足感の高いものになっています。
チケットがオシャレなのはもとより、配られる来館者カードもモネが使われていてオシャレなのも素敵。

館内には本格的な食事ができるレストランと、簡単な軽食とデザートが食べられるカフェスペースがあります。
レストランの方はランチコースが2,380円~となかなかですが、カフェスペースはケーキ等々リーズナブルなお値段でかつ美味しくくつろげるのでオススメです。

写真はマスカルポーネ・ティラミス。ほろ苦い甘さと主張しすぎないマスカルポーネチーズが抜群の相性でとても美味しかったです。

もちろん曜日によっては混み合ったりするかもしれませんが、立地的なこともあって芋洗い状態にはならないはずです。
当日は平日の昼過ぎでしたが、館内にはそこそこ人がいつつもカフェスペースには2~3組のお客さんしかいませんでした。
写真では一部分しか写していませんが、カフェスペースの方はかなり広いので、観覧に疲れてもゆったり休めそう。

肝心の展示ですが、これがとっても素晴らしかったです。中世の画家たちの絵画を見ることができたのはもちろんのこと、Modern&Beautyがモチーフということもあって、絵画だけでなく当時の女性たちの身につけていた衣服や香水瓶等、個性的な展示が数多くありとても楽しめるものでした。

都内ではいくつか美術館を周ったりもしましたが、今までにない趣向の効いた展示もあったりと、新しい発見も数多くありました。
常設と思わしき陶器やガラスの展示も充分に趣の深いもので、軽く3~4時間は楽しんでいたと思います。

立地が立地だけになかなか足を運ぶ機会もないと思いますが、箱根に寄ることがあれば是非オススメしたい場所です。

By: , Published: , Category: 日常, 食べ物, Tags: ,
   Previous Entries →
← Next Entries
Copyright © A, love -- NVXI.JP All rights reserved.
Certain images, logos and products are trademarks of and/or
copyrighted by their respective owners.