二の丑。水道橋の「うなぎ 一らく」でうなぎを食べて参りました

PENTAX K-50 + smc PENTAX-DA 1:2.8 40mm Limited

PENTAX K-50 + smc PENTAX-DA 1:2.8 40mm Limited

去る8月5日は二の丑でしたね。夏の土用の初回である7月24日には残念ながらうなぎを食べることができなかったのですが、今年は幸いなことに二の丑のある年なため無事に例年通りうなぎを食べることができたのでした。

昨年は築地市場にあるうなぎ 米花さんでうなぎを頂いたのですが、今年は早々に売り切れてしまったようで予定を急遽変更し、今年は前より気になっていた、水道橋にあるうなぎ 一らくさんで頂きました。

まさに年の一度の贅沢という感じですけれども、このうなぎのおかげか、今年は全く夏バテを経験することなくこの猛暑を乗り切ることができました。
もちろん8月が終わるとはいえ未だに残暑が厳しい折ではありますが、やはり食というものは大切だと思い知らされます。

一らくさんでは以前に親子丼を食べたことがあり、とても美味しかった記憶が残っています。店主さんもとても気さくな方で楽しい雰囲気。思いにふけりまた食べに行かなければと思いながら、Swarmの通知で2年ぶりと思い出したり。時が経つのは早いものですね。

※撮影にあたっては、お店の方の許可を頂いています。
By: , Published: , Category: 食べ物, Tags: ,

錦糸町の「ベルサイユの豚」へ行ってきた!

PENTAX K-50 + smc PENTAX-DA 1:2.8 40mm Limited

PENTAX K-50 + smc PENTAX-DA 1:2.8 40mm Limited

時間もできたし外でお酒を飲みたくなったので、錦糸町にあるベルサイユの豚へ行ってきました。

このお店はワインと肉料理を楽しめるお店がコンセプトとなっていて、その名の通り豚料理がオススメみたいです。
運営会社は着実に業績を伸ばしつつあるダイヤモンドダイニンググループで、同店は錦糸町以外にも九段下や池袋、渋谷等にも店舗があります。

錦糸町ということでキャッチに掴まりまくりますが、駅の南口を出て徒歩1分という好立地にあるためささっと移動しましょう。
そういう類の場所が不安な人はあまり遅い時間には立ち寄らない方がいいかもしれません。
最上階付近に叙々苑が入っているビルなので迷うことは少ないと思います。

全く関係ないけど錦糸町の叙々苑はいつも混んでる…。

PENTAX K-50 + smc PENTAX-DA 1:2.8 40mm Limited

PENTAX K-50 + smc PENTAX-DA 1:2.8 40mm Limited

18時頃に入ったせいか店内は落ち着いた雰囲気でした。2匹いる大きな石の豚さんがかわいい。おしりとしっぽががとてもキュート。
一応断っておくと、普通に20時とか21時になれば普通にガヤガヤします。内装やお皿まで凝っていて楽しいお店です。特にトイレとか。
(なお、他サイトさんで「豚がゆっくり360度回転する」とありましたが、私が行ったときには回転していませんでした)

PENTAX K-50 + smc PENTAX-DA 1:2.8 40mm Limited

PENTAX K-50 + smc PENTAX-DA 1:2.8 40mm Limited

PENTAX K-50 + smc PENTAX-DA 1:2.8 40mm Limited

PENTAX K-50 + smc PENTAX-DA 1:2.8 40mm Limited

今回は3時間飲み放題+コース料理でした。お値段も2人で1万円を切るくらいのお値段なので手頃でとてもよい。
ピザ以外は全体的に美味しかったですし、特に甘めのソースがかかった48時間熟成肉はもうサイコーに美味しかったです。ピザ以外は。
写真はお店の中がわりと暗めだったこともあって開放で撮っているものが多いですがご勘弁ください。

PENTAX K-50 + smc PENTAX-DA 1:2.8 40mm Limited

PENTAX K-50 + smc PENTAX-DA 1:2.8 40mm Limited

PENTAX K-50 + smc PENTAX-DA 1:2.8 40mm Limited

PENTAX K-50 + smc PENTAX-DA 1:2.8 40mm Limited

PENTAX K-50 + smc PENTAX-DA 1:2.8 40mm Limited

PENTAX K-50 + smc PENTAX-DA 1:2.8 40mm Limited

PENTAX K-50 + smc PENTAX-DA 1:2.8 40mm Limited

PENTAX K-50 + smc PENTAX-DA 1:2.8 40mm Limited

PENTAX K-50 + smc PENTAX-DA 1:2.8 40mm Limited

PENTAX K-50 + smc PENTAX-DA 1:2.8 40mm Limited

PENTAX K-50 + smc PENTAX-DA 1:2.8 40mm Limited

PENTAX K-50 + smc PENTAX-DA 1:2.8 40mm Limited

内装諸々を含めて全体的なクオリティも高いですし、お酒も充分美味しかったです。特に熟成肉。
錦糸町でお酒とお肉を頂きたいのなら、ベルサイユの豚、オススメです。

 


ベルサイユの豚 錦糸町

※撮影にあたっては、お店の方の許可を頂いています。
By: , Published: , Category: 食べ物, Tags: ,

小岩のタージマハールで本格インドカレーを食べる

PENTAX K-50, smc PENTAX-DA 1:2.8 40mm Limited

PENTAX K-50, smc PENTAX-DA 1:2.8 40mm Limited

総武線各駅停車の小岩駅、そこから徒歩5分程度のところにこのお店はあります。本格インド料理が楽しめる、その名も「タージマハール」。

営業はランチとディナーどちらもやっていて、中休憩?を挟むみたいです。お弁当の販売もしていて、そちらは500円。
写真のセットはAセット(サラダ+カレー+ナン+ライス+ドリンク)で650円という破格のお値段。
それでいて味はとっても美味しく、満足度はとても高いです。

注文時に「辛味はどうしますか」と聞かれるので、そのときに自分の好みの辛さを伝えればOK。
自分は甘いカレーが好きなので甘口を注文しました。
たくさんの香味料が感じられる味ながら、甘口特有の優しさが伝わる、とても日本人好みの味と感じます。とても好きです。
旨みのなかにコクがあるというか?美味しい美味しいと言いながらカレーをすくうスプーンが止まらない味です。
ナンが大きめなのでカレーとの配分には気をつけた方がいいと思います。

お昼すぎほどに行きましたが、店内は3~4人のお客さんがおり、本当のランチタイムにはほぼ満席になるとのこと。
辛口を頼んだ知人に「辛くなかったですか」と、細かい心遣いもしてくれるところがとてもいいなあと思いました。
安いのにすごくおいしい、日本人好み間違いなしのカレー。おすすめです。


タージマハール(タージマハル・TAJ MAHAL)

※撮影にあたっては、お店の方の許可を頂いています。
By: , Published: , Category: 食べ物, Tags: ,

PENTAX K-50を買いました

PENTAX K-x + SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO

PENTAX K-x + SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO

PENTAX K-50を購入しました。カラーはオーダーでブラック×ホワイト(001)

K-xとの比較としては、

  • 電子ダイヤルが1つから2つに
  • 電子水準器と自動水平補正機能が追加
  • ファインダーの性能がアップ (視野率96%, 倍率0.85倍→視野率100%, 倍率0.92倍)、ペンタミラーからペンタプリズムへ
  • フォーカシングスクリーンの交換が可能に
  • スーパーインポーズが追加
  • 液晶パネルの質が向上 (2.7インチ, 23万ドット → 3.0インチ, 92.1万ドット)
  • 動画の質が向上 (MotionJPEG, 24fps, HD → H.264 AVC, 30fps-60fps*, FullHD)
  • 露出補正が最大±3EVから最大±5EVに
  • AFセンサーはSAFOX VIIIからSAFOX IXi+へ、TTL分割測光は16分割測光から77分割測光へ
  • AF補助光が内蔵ポップアップから専用LEDでの測光へ
  • ISO感度は最大12800(拡張)から51200へ
  • インターバル撮影が可能に
  • モードダイヤルにTAvやB(バルブ)、U1, U2(ユーザモード) が追加
  • 各種Fnボタンが追加され操作性が向上
  • レリーズケーブル挿入口が追加
  • バッテリーは単三電池と専用バッテリーD-LI109の2つが使用可
  • 防塵防滴仕様へ
  • 本体重量は580gから675gへ増加

等々、スペック上だけでもとても機能が拡充されていることがわかります。特に電子ダイヤルが2つになったこと、液晶の質が向上したこと、ファインダーの性能がアップしたこと等は撮影に著しく影響する部分だと思うのでとても嬉しかったですし、実際に使ってみてその性能の高さに驚きました。

 

PENTAX K-50 + smc PENTAX-DA 1:2.8 40mm Limited

PENTAX K-50 + smc PENTAX-DA 1:2.8 40mm Limited

SAFOX IXi+は正直に言ってK-xのSAFOX VIIIなんかとは比べ物にならないほど素晴らしいです。内蔵モーターも強化されているのか、今まで以上にギュンギュン合焦します。さすがにAF.Cは他社レベルとはいかないのでAF.Sで撮影していますが、普通に使っていれば全く困らないレベルです。ペンタプリズムのファインダーの恩恵もあって、MFでのピント合わせも今まで以上にしやすくなっているので、本当に嬉しい限りです。

液晶周りも進化しており、発色がよく明るい (これはK-xと比較してもとてもとても明るい。最低輝度で使ってます) 液晶モニタで、かつ、92.1万ドットなのでわりと高精細なプレビューを行うことができます。
一部ではこの液晶モニタの発色が良すぎる…等々の意見を見かけますが、自宅のIPSパネルのPCモニタと比べても特にそのような印象は受けませんでした。

ライブビューはK-xのおまけ程度のライブビューから大幅に進歩を遂げており、応答速度はもちろんのこと、AFもコントラストAFで常用できるレベルにまで進化しています。K-xのように電池がすぐになくなってしまうこともなく、安心・安定して使用することができます。

 

PENTAX K-x + SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO

PENTAX K-x + SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO

筐体の全体的な使用感は、サイズや重量が増えたことによってコンパクト機の印象は全くなくなったものの、fnボタンが追加されていることや防塵防滴であること等を考えると妥当であると言えます。
グリップはK-xよりも深く、よく手に馴染む形で、握っていて安心感があります。モードダイヤルもプリントではなく彫りになっていて細部まで手が込んでいると感じますし、その操作はやや堅めであるため、K-xのように勝手にモードが切り替わってしまうこともありません。

後継機であるK-S2が単三電池駆動を見送ったことから、中期的に見たラインナップの中ではこのK-50が単三電池駆動のラストモデルになります。
K-xから買い替えを検討されている方も、サブ機として検討されている方も。自信を持ってオススメできるよい機種だと思います。

 

[amazonjs asin=”4839950016″ locale=”JP” title=”PENTAX K-30 撮り方ハンディブック”]

[amazonjs asin=”B00C4966Q2″ locale=”JP” title=”パナソニック eneloop 急速充電器セット 単3形充電池 4本付き K-KJ21MCC40″]

   Previous Entries →
Copyright © A, love -- NVXI.JP All rights reserved.
Certain images, logos and products are trademarks of and/or
copyrighted by their respective owners.