国営ひたち海浜公園でネモフィラを見てきた

PENTAX KP + HD PENTAX-DA 16-85mmF3.5-5.6ED DC WR

茨城県にある国営ひたち海浜公園にネモフィラを見に行ってきました。

何年も前から見たいみたいと思いつつ、機会に恵まれずなかなか行けていなかった場所のひとつです。今年は見頃は例年よりも2周間ほど早いそうで、予定のない土日に友人の運転する車で出掛けてきました。

数日前まで雨予報だった天気も、当日出掛けてみるとなんとか曇り空で留まってくれなかなかツイてました。ただ、同じことを考える人はたくさんいるもので、当日は上の写真の通り、ネモフィラ見物で人が溢れんばかり。

PENTAX KP + Tokina AT-X MACRO 90mm 1:2.5

写真で見てわかる通り、どう撮っても人が写り込んでしまうので、自分のようなアマチュアカメラマンにとっては、画作りが非常に難しく厳しい状態に…。それでも、目で見て素晴らしいと思える壮大なネモフィラだったので(想像していたよりも何倍も規模が大きく綺麗だった)、普通に感動してしまいました。

PENTAX KP + HD PENTAX-DA 16-85mmF3.5-5.6ED DC WR

写真ではうまく表現することの難しい色で、とくにSNSとかだとどうしても彩度が高めな写真が多いので、是非肉眼で見たいなーと思う場所でした。淡いようでいて、よく見ると1つ1つの色が微妙に異なる、鮮やかな綺麗な色なんですよね。

PENTAX KP + smc PENTAX-A 1:1.4 50mm

その後はそのまま車で大洗に向かい、いろいろな観光名所を回ってきました(写真はガルパン劇場版でお馴染みの大洗磯前神社)。

上の鳥居は大洗磯前神社の近くにあるのですが、夕方になると夕陽が差して絶好のフォトジェニック・スポットになるらしいです(近くの看板に書いてあった)。当日は意外と気温が上がらなかったため、早々に切り上げてしまいましたが、次回は是非三脚を持参して撮影に臨んでみたいです。

PENTAX KP + HD PENTAX-DA 16-85mmF3.5-5.6ED DC WR

その後は市内のまいわい市場に行ったりとか、めんたいパークに行ったりした後に、水戸市にあるガルパン公式とんかつ店「クック・ファン」で戦車を模したガルパンかつを食べて帰路につきました。

実は以前も大洗には行ったことがあって、そのときは電車で行ったせいか(そして突然のゲリラ豪雨に見舞われたせいか)、そんなに魅力を感じることはなかったんですけど、今回車で行ってみたら前回の軽く10倍以上は楽しめた気がします。おすすめです。

昭和記念公園にコスモスを見に行きました。

PENTAX K-50 + Tokina AT-X MACRO 90mm 1:2.5

PENTAX K-50 + Tokina AT-X MACRO 90mm 1:2.5

見頃かと思ったので、立川市にある国営昭和記念公園へ行ってきました。

この日持っていったレンズはA50/1.4とAT-X90/2.5。

真夏日を記録するほどの晴天だったため、汗をかきながらの訪問でした。
それ以上につらかったのは、公園の広さです。隣に自衛隊基地があるのですが、
地図上ではそれを軽く凌駕しそうなくらいの広さ。
入り口からコスモス園までは徒歩20~30分程度でしょうか。ヘトヘトでした…。

今年は不作だ、という話を聞いたのはコスモス園についてからですが、
たしかに不作だったかもしれません。

久々にした軽い運動と晴れ模様は気持ちいいものでしたし、フレアがかったAT-X90の描写に気がつけたのも新たな収穫でした。
帰りはコトブキヤショップ立川本店に立ち寄りプラモデルを購入したり。

By: , Published: , Category: カメラ, 日常, Tags: ,

春よ来い

PENTAX K-50 + Tokina AT-X MACRO 90mm 1:2.5

PENTAX K-50 + Tokina AT-X MACRO 90mm 1:2.5

長かった冬が来て、ようやく春になったと思ったら、もう梅雨がきて夏になる。春が待ち遠しいです。

TokinaのAT-X90、最前面のレンズが傷だらけでコントラストのノリがあまりよくないことは前に書きましたが、純正フードもあるので順光ならそんなに問題にもなりにくいですね。

未だに中古市場でも10,000~30,000円程度を保っているレンズだけあって、その描写は折り紙つき。

純正エクステンダーがあれば光量を落とさずに等倍撮影ができるので是非入手したいところではありますが…。

By: , Published: , Category: カメラ, Tags: ,

週末はセイコー5と出かけよう。機械式腕時計のすすめ

PENTAX K-50 + Tokina AT-X MACRO 90mm 1:2.5

PENTAX K-50 + Tokina AT-X MACRO 90mm 1:2.5

友人から連絡がきたので「ん?」と思いながら見ると、そこには思いがけない文字…「腕時計いらない?」と。
どうやら僕は新しい沼の片鱗を剥がしてしまったようです…機械式腕時計という深く、際限のない沼に。

タイトルにあるので一目瞭然でありますが、これはセイコー5 SPORTSという機械式腕時計です。

セイコー5は、元々1960年頃に日本国内で流通していたポピュラーな機械式腕時計だったそう。
しかしながらクオーツの流行によって機械式自体がやや高級・ニッチ寄りなマーケットになってしまったようで(いわゆるクオーツ・ショックと呼ばれるものですね)、今はMADE IN JAPANをブランドとして付加した海外用モデルとして販売されているようです。

PENTAX K-50 + smc PENTAX-A 1:1.4 50mm

PENTAX K-50 + smc PENTAX-A 1:1.4 50mm

 時計を頂くなんてこと自体とても嬉しく貴重な体験なのですが、実はこのセイコー5、僕にとっての初の機械式腕時計なのでした。
普段使っているポール・スミスのファイブ・アイズ・ホリゾンタルも機械式を模した細かいステップ秒針で、パッと見は似ているのですが、
実際に機械式のなめらかな秒針の動きを見ていると、似ているようで全く異なることがよくわかります。

このなめらかな秒針の動き、本当に惚れ惚れするものです。

僕の部屋にはスイープ秒針の置き時計もありますし、1秒ステップの置き時計も置いてあります。
ですがその全てがクオーツなんですね。だからこそ驚いたのです。
水晶体と電池で動かす針の動きとゼンマイで動かす針の動きの差は、映像で見るよりも、文章を読むよりも、やはり直接見たときが一番感じます。

それは例えば、普段iPhoneのみで写真を撮っていた人が、一眼レフを初めて操作するときに似ているかもしれません。
出てくる写真やその構造ではなく、自分が体感して、体験して得られる感動。

それは、文章でも映像でも伝えることはできませんよね。

だからこそ、この感動を知っているからこそ、機械式腕時計ってこんなにすごいんだぜ!
と伝えたくなってしまうのかもしれません(伝えるのは難しいですけれどね)。

PENTAX K-50 + smc PENTAX-A 1:1.4 50mm

PENTAX K-50 + smc PENTAX-A 1:1.4 50mm

この日の晩ごはんは秋葉原ヨドバシカメラ上のLIVE FOOD MARKET(ライブフードマーケット)で、スパゲッティ・カルボナーラ。

しっかりとチーズの香りが感じられ濃厚です。適度に脂のあるベーコンと、スパイスの効いた黒胡椒のアクセントも非常にグッド。
やはりお家で作るスパゲッティ・カルボナーラとは全く違いますね。精進したいかぎり…。

 

上の写真にもある通り、箱と枕がついているのでプレゼントにもオススメです。
おいそれとプレゼントできる値段ではありませんが…!本当に感謝感激雨あられです。。

 

   Previous Entries →
Copyright © A, love -- NVXI.JP All rights reserved.
Certain images, logos and products are trademarks of and/or
copyrighted by their respective owners.